プロペシアの気になる効果

日頃から薄毛や脱毛が気になられてる方って多くいらっしゃいます。
特に男性は気になるところです。
最近では、AGA(男性型脱毛症)の治療が病院で受けられるなど薄毛の治療の普及が盛んになり、テレビCMでも見かけるほどになりました。
AGAというのは、分かりやすく言うと大人の男性によくある頭皮の髪の毛が少なくなることです。
生え際が、M時になったり頭頂部から髪が薄くなるものの総称です。
ケアせずにほっておくと徐々に進行していく症状です。
日本全国で約1,200万人いるといわれており、これは大人の男性約4,200人の約3分の1になります。
髪のボリュームや量によって見た目の年齢にも影響するために、多くの方がいわゆる薄毛を気にされています。

 

薄毛のタイプにもさまざまあり頭皮の薄くなる場所や薄くなる順番は個人によって様々です。
薄毛の治療として、現在AGA治療として病院で薄毛治療することができます。
病院での治療として、まず自毛植毛術という、自分自身の側頭部や後頭部の毛髪を特殊な機械で薄毛の場所に移植するという治療法です。
この治療法では、移植された部位の毛が成長して生え続けるというメリットがあります。
デメリットとしては、移植元となる自分自身の側頭部や後頭部の毛の量にも限界があるということでしょう。
外科手術という事もあり費用も少し高めのようです。
内科的な治療としては、飲む薬のプロペシアを服用したり、頭皮にミノキシジルという成分の入った薬を付けるといった薬を利用する方法があります。
こちらの薬を使った治療法が現在の薄毛治療ではメジャーです。
これらの薄毛治療に使われる薬は、使用後すぐに明確な効果が現れるというものではなく長期的に服用していくことで薄毛が改善されるという効果があらわれます。
ミノキシジルの成分のある薬は市販されておりドラッグストアでも薬剤師の販売のもとで手に入れることが出来ます。
プロペシアの薬は、医療用医薬品であり医師の診断や処方によって購入するようになっています。
その他の入手方法としては、個人輸入代行サイトより購入可能となっているようです。
プロペシアの効果や期間としては、少なくとも6ヶ月の継続した適切な服用が必要なようです。
1年あたりから効果を感じ始める方もいるようで、効果には個人差があります。
発毛の効果が感じられなくとも現状を維持する効果もあるので、頭髪が今以上に脱毛の範囲が広がらないようにするために服用するという方もいます。
長期的に薬を飲み続けなければ効果が発揮されないので根気が必要です。

病院での薬の処方となると、値段は少し違うのですが治療費や診察料金込みで1万円前後の費用がかかります。
どんな身体的な治療に対してもそうなのですが、治療に取り掛かりは、早期発見して早期治療した方が経過も良好でありますし、結果的に治療にかかるコストを抑えることが出来ると思います。
プロペシアは病院で薄毛治療の薬として処方されているもので安心できます。
気になる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。